clauts.axのメモ

PowerDVD_14.0.4412.58_DVD150115-02

http://up.aws.af.cm/src/file1.zip

http://l.kzho.net/s/1427691753849.zip

http://www.filedropper.com/clauts

http://s000.tinyupload.com/index.php?file_id=52043471404423783415

ChromeのStylishの設定を複数のPCで同期する

Stylish、便利ですね。

ChromeにはChrome Syncというクソ便利なものがあるのに(むしろこれだけのためにChromeを使っている)なぜかStylishの設定を同期してくれません。

今回はWindows 8.1Dropboxを用いて同期してみようと思います。

ちなみにFirefoxではStylish Syncというものがあるらしいですよ。


設定ファイル

ここにあります : "C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\databases\chrome-extension_fjnbnpbmkenffdnngjfgmeleoegfcffe_0\"

ファイル名は環境によって変わるみたいです。

ファイルはSQLiteなので適当に開くことができます。

シンボリックリンクを貼る

  1. コマンドプロントを管理者で起動します。
    f:id:eai04191:20150329144835p:plain

  2. リンクを貼る。こんな感じ?mklink "C:\Users\ASP\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\databases\chrome-extension_fjnbnpbmkenffdnngjfgmeleoegfcffe_0\4" "D:\Users\ASP\Documents\Dropbox\設定\Stylish_config"

  3. これでStylishが設定を書き込んだ時に実質的にDropboxのほうに書き込まれるはず。すべてのPCで作業しておわり。

centosのセットアップメモ

あくまでメモなので。

日本語化

vim /etc/sysconfig/i18n

1行目: LANG="C" -> LANG="ja_JP.UTF-8"


管理ユーザー追加

useradd eai

passwd eai

usermod -G wheel eai

visudo

%wheel ALL=(ALL) ALL

wheelユーザーはrootへスイッチ可能にする。

%wheel ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL

wheelユーザーはパスなしでrootへスイッチ可能にする。


ユーザーeaiからrootへスイッチできるようになった。

以降ユーザーeaiでログインして作業する。

rootログイン禁止

sudo vim /etc/ssh/sshd_config

42行目: #PermitRootLogin yes -> PermitRootLogin no


sudo service sshd restart

iptables

sudo vim /etc/sysconfig/iptables

*filter
:INPUT   ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT  ACCEPT [0:0]
:RH-Firewall-1-INPUT - [0:0]

-A INPUT -j RH-Firewall-1-INPUT
-A FORWARD -j RH-Firewall-1-INPUT
-A RH-Firewall-1-INPUT -i lo -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p icmp --icmp-type any -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 50 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 51 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp --dport 5353 -d 224.0.0.251 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp -m udp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m tcp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT

# SSH, HTTP
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22    -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80    -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 21    -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 20    -j ACCEPT

# Minecraft
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 25565 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 25565 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 25566 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 25566 -j ACCEPT
# Dynmap
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 8123  -j ACCEPT
# KuKuruTelnet
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 8765  -j ACCEPT

# 7Days to Die
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 25000 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 25001 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 25002 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 8080  -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 8081  -j ACCEPT

COMMIT

sudo service iptables restart

iptables: チェインをポリシー ACCEPT へ設定中filter [OK]
iptables: ファイアウォールルールを消去中: [OK]
iptables: モジュールを取り外し中: [OK]
iptables: ファイアウォールルールを適用中: [OK]

nginx

nginxのリポジトリを追加

sudo rpm -ivh http://nginx.org/packages/centos/6/noarch/RPMS/nginx-release-centos-6-0.el6.ngx.noarch.rpm

普段は使わないのでdisableにする。

sudo vim /etc/yum.repos.d/nginx.repo

enabled=0


インストール

sudo yum install -y --disablerepo=* --enablerepo=nginx nginx

起動

sudo nginx

自動起動設定

sudo chkconfig nginx on

f:id:eai04191:20150325213925p:plain

sudo vim /etc/nginx/conf.d/default.conf

適当に編集。


sudo service nginx reload

PHP5.6(.7)

今回はremiリポジトリから。

sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

ImageMagick

sudo yum -y install --enablerepo=remi ImageMagick-last


gd

sudo yum -y install --enablerepo=remi gd-last


sudo yum install --enablerepo=remi-php56 php php-opcache php-devel php-mbstring php-mcrypt php-phpunit-PHPUnit php-pecl-xdebug php-cli php-common php-mysqlnd php-gd php-pecl-imagick php-odbc php-pear php-xml php-xmlrpc php-soap php-tidy

sudo vim /etc/php.ini

202行目 short_open_tag = Off -> short_open_tag = On

889行目 ;date.timezone = -> date.timezone = Asia/Tokyo

1659行目 ;mbstring.language = Japanese -> mbstring.language = Japanese


PHP-fpm

sudo yum install -y --enablerepo=remi-php56 php-fpm

sudo vim /etc/php-fpm.d/www.conf

23行目 user = apache -> user = nginx

25行目 group = apache -> group = nginx

sudo service php-fpm start

自動起動設定

sudo chkconfig php-fpm on

おしまい。

phpで画像を半透明にする

PHP

GDでやる

PHP - GDで透過pngの合成 - Symfoware

PHP: imagecopymerge による半透明なすかしの作成 - Manual

IQ80では理解不能だった。

Imagickでやる

PHP: ImageMagick - Manual

PHPでImageMagickを使うImagickのコマンドサンプル | くろひつじのメモ帳

ImageMagickを使ったPHPによる画像編集のTips | アライドアーキテクツ エンジニアブログ

<?php
 
$filename = "anz.png";    //読み込む
 
/* 画像の読み込み */
$image = new Imagick($filename);
$image->setImageOpacity ('0.5'); //半透明にする

/* 画像を出力 */
header("Content-Type: image/png");
echo $image;
 
$image->clear();
?>

before

f:id:eai04191:20150323054146p:plain

after

f:id:eai04191:20150323054037p:plain

ImageMagick最高~✌('ω')

GIMPで編集して消したところが復活してるのマジで謎なんで誰かこっそり教えて)

追記 (15/03/23 05:36)

setImageOpacityから->evaluateImage(Imagick::EVALUATE_MULTIPLY, 透明度, Imagick::CHANNEL_ALPHA);にしたらちゃんと透過のままになった

<?php
 
$filename = "anz.png";    //読み込む
 
/* 画像の読み込み */
$image = new Imagick($filename);
$image->evaluateImage(Imagick::EVALUATE_MULTIPLY, 0.5, Imagick::CHANNEL_ALPHA); //半透明にする

/* 画像を出力 */
header("Content-Type: image/png");
echo $image;
 
$image->clear();
?>

f:id:eai04191:20150323053948p:plain

副産物

画像を透明にするやつ - mizle.net

やりたかったこと

池沼オフ

概要

twipla.jp

できた

  • 次郎を食う
    • 思ったより量なかった。

できなかった

  • 寿司を食う
  • 堀を殺す

した

次に向けて

  • 寿司の店は決めておく。
  • どこに行くのかも決めておく。

感想

寿司が食べたい。

LR2のHDについて

検索したらイホウっぽいものがいっぱい出てきてよろしくないので(たぶん)イホウじゃないやり方を書いときます。

LR2(SD)を入れる

http://www.lr2.sakura.ne.jp/index2.html

beta2 100201フルセットをダウンロード/解凍。

一回起動してデータを作ったら終了します。

LR2HDにする

https://mega.co.nz/#!E0MCkSIZ!IYTet1dsvTLvSsnFDH8hJROarXQvOwfZhgaZIb8QyQw

LR2HD.zipをダウンロード/解凍。

LR2beta3にコピーする。

f:id:eai04191:20150312170029p:plain

LR2beta3\LR2files\Configの中にあるconfig.xmlをコピーして貼り付けてconfig.xmhに名前を変える。

f:id:eai04191:20150312170733p:plain

LR2_HD.exeを起動して設定して適当にプレイする。


HDスキンはEndlessCirculation-SelfEvolutionが良さげです。

(有)蒼井硝子工業のものおき EndlessCirculation-SelfEvolution

短縮URLサービス r-2.meを作った

最近Steamはスパム対策に必死でリンクを貼るとに後ろにリンク先のドメインが表示されるようになりましたね。

で、僕のプロフィールがこうなる。

f:id:eai04191:20150310204609j:plain

不格好ですね。ドメインが長すぎて最後まで表示できてないし。

ドメインが短くなればいいので、短縮URLサービスを使う。するとこうなる。

f:id:eai04191:20150310204620j:plain

だからr-2.meを取得してこうした。

f:id:eai04191:20150310204623j:plain

やったね。

r-2.meについてはr-2.meを読んでください。

http://r-2.me

.meにしたのは500円だったからです。